LOVE描き帳
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
智多 とも
性別:
女性
職業:
イラストレーター・主婦
趣味:
映画・落語・掃除
自己紹介:
Vネック着用男子をこよなく愛するVネック振興委員会の名誉会長を務めております。信じられないでしょうが、会員はぼちぼち増えてます。
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
[02/06 とも]
[02/06 なる]
[09/10 Tもこ]
[08/18 まる]
[10/22 ドライバー]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
今日は家族3人で久しぶりに、買物だけに費やした1日でした。

私が以前から行きたいと言っていたオサレな雑貨屋さんと、駅ナカ商業ビルへ。

途中、私が買物に夢中になりすぎ、息子のオムツの許容限界を見誤ったために、ダムが決壊。
おズボンがびしょ濡れになる惨事に見舞われましたが、幸運にも、無印良品が近くにあったので、そこでオーガニックコットン使用のベビースパッツを購入。
すぐさま履かせて事なきを得ました。

こういうことがあるので、普段は着替えを持参するのですが、今日は手抜かりで無駄な出費をしてしまいました。

いや、でも無駄じゃないかも。

無印のベビー服めっちゃかわいい!
しかもオーガニックコットンで、なんだか分からないけど割引がきいてて790円て。
某ウサギのマークの大手子ども洋品店と同価格帯じゃないですか。

なんたるコストパフォーマンス。

そしてシンプルで飽きのこないデザイン。
元々無印は文房具が主に好きで、mujiクレカ持ってるくらいには好きです。

そろそろ春服も欲しいなあと思っていたので、次期無印良品週間にはベビー服も買い込んでしまいそうです。

無印さん、私の方は準備万端なので、いつでも良品週間アナウンスお待ちしておりますよ。


今日の育児絵日記。



拍手[1回]

PR
CMで何度も目にしたAmazonプライム限定番組「バチェラー・ジャパン」。



元よりAmazonプライマーな私は、流し見できそうだなと気軽な気持ちで視聴。
なかなか興味深かったです。

番組の設定が、バチェラー(独身イケメンセレブ)1人を、25人の選ばれし美女たちが奪い合うというもの。

ハーレムに憧れる世の男性にとっては、ヨダレものの企画ではないでしょうか。

しかし、
私も曲がりなりにも数十年女として生きてきたので、筋書きを読んだだけで、

これ、めっちゃドロドロするやつやん...ッ!
と、予想。

案の定、
駆け引き、抜け駆け、嫉妬、なんやかんやで、1人の超優秀な遺伝子を持つ男性目がけて女の生存競争が繰り広げられるわけです。

そのドロドロも、見ていて面白い部分もあるけど、個人的に残念なのは、女性陣の中に応援したくなるような人がいないこと。

どの人もバチェラーに、少しでも爪痕を残そうと必死な様子が、どうも、見ていて気持ちがいいものではないのです。。(あくまで個人の意見です)

もちろん、世の中ではこういった魅力的な男性を奪い合う駆け引きみたいなものは、水面下で必ず存在するとは思います。
けれど、それを改めて眼前に突きつけられると、良くも悪くも中々のインパクトです。

そんな、ドロドロのしんどさを少し和らげてくれるのが、バチェラーの久保氏の存在。

「完全無敵」が服を着て歩いているような人物です。
学歴、キャリア、資産、顔面偏差値、すべてにおいて文句の付けようがありません。

6話目まで視聴して抱いた彼への印象は、話しぶりに驕った所がなく、とても爽やかな好青年。
一文で表すなら、
「謙虚で、気の遣える、物腰の柔らかな伊勢谷友介風イケメン。」

イケメンにありがちな「オレ、イケてる感」を、前面に出さず、自分の考えを女性に押しつける素振りを見せない辺り、とても心得てらっしゃる。

このように、登場人物の中で唯一好感が持てる久保氏なわけですが、
彼の本質については、まだ明らかにされていないのです。

今後、彼の生い立ちや、過去の恋愛話、企業した理由や苦労話、将来の展望なんかが明かされていけば、〈物語〉として、もっと深みが出て、面白くなるのではないかなーと、偉そうにも思ったり。

そして、彼が本当に文句の付けようのない人物かどうかのジャッジですが、最終回で意中の女性を選ぶまでは、保留にしたいと思います。

恋人や伴侶は、自らの映し鏡とはよく言いますが、どんな人を選ぶかで、その人の本質が分かると、私は思っています。

そういう意味でこの「バチェラー・ジャパン」の結末を、なんだかんだ言いながら楽しみにしています。



今日の育児絵日記。

拍手[0回]

名馬のことではなく、彗星落下パニックムービー「ディープ・インパクト」の方です。
TVで放送されていたので、録画して家事の最中に流し見しました。



この映画、私が幼少期に映画館で観て、あまりの切迫感と恐怖に、観るのが辛くなって思わず劇場から飛び出したトラウマ映画なのです。

劇場を飛び出す、なんてことは後にも先にもこの映画以外はなかったな..

今見ると、なんでそんなに怖かったのか、わからなくもないけど、飛び出すほどではないなぁ。

それだけ私が幾数年の時を重ねる中で、良く言えば大人になった、悪く言えばスレてしまったのでしょう。

もう今の私の視点からは、モーガン・フリーマンが大統領役で出てたのか!
黒人初大統領がまだ現実的じゃなかった頃だよなぁ..とか、そんなに感じの見方に。

でも、その当時の私としては、世界が終わってしまう...!しかも安全な地下都市に住めるのは選ばれし限られた人のみっていうのが、なんとも理不尽で切ない!

もし、自分が選ばれない立場の人間だったら、、はたまた、自分の家族が選ばれなくて今生の別れになったら、、という感じに思いっきり感情移入をした結果、座席を立ち上がったんだろうなと。

今の私はその当時の想いをすっかり忘却してしまっているので、想像するしかできないのが残念ですが。

今度、友達と映画の話になったときは、トラウマ映画があるかどうか聞いてみたいな。面白い話が聞けるかもしれない。


今日の育児絵日記というか育児漫画。



毎日キュンキュンさせられてます。

拍手[2回]

≪ Back   Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7]
忍者ブログ [PR]