LOVE描き帳 唐突に、玄関の床を模様替えする。
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
智多 とも
性別:
女性
職業:
イラストレーター・主婦
趣味:
映画・落語・掃除
自己紹介:
Vネック着用男子をこよなく愛するVネック振興委員会の名誉会長を務めております。信じられないでしょうが、会員はぼちぼち増えてます。
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[02/06 とも]
[02/06 なる]
[09/10 Tもこ]
[08/18 まる]
[10/22 ドライバー]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

楽天でだいぶと前に買ったフローリングマットを、満を辞して本日貼り付けました。

その工程をざっくりと。



まずは、型紙作り。
新聞紙を床の形に沿って並べてテープでとめます。



この型紙を元に、フローリングマットを切っていくのですが、


ここで私、やらかしました。


型紙を裏返して切ってしまうというとんでもない凡ミスをぶちかましました。

そのおかげで、切り抜いたマットは裏返しにしないと(柄の部分が下になってしまうので)使えないシロモノに。。。

安定の抜け作っぷりの自分に呆れて、しばし、その場で佇む。

これは困ったと、途方に暮れましたが、10秒後に気持ちを立て直し、つぎはぎでもいいので(購入したマットの余りは、もう一枚切り抜く余裕は残ってない。悲)完成させようという前向きな方向に落ち着く。


そして、心が折れそうになりながらも、1時間以上かかってなんとか完成。

つぎはぎが目立ちますが、仕上がりはこんな感じに。



床とマットの接着には、フローリング用両面テープを使っています。

ここで注意すべきは、我が家は賃貸だということ。

退去時に原状回復しなければなりません。

元々の玄関の床もフローリングマットだったので、万が一、両面テープが剥がれにくいと困ります。

そのため、床に太いマスキングテープを貼って、その上から両面テープを貼りました。
こうすることで、退去時もすんなり剥がすことができるはずです。


途中のミスがなければ、もっとストレスなく仕上がったとは思いますが、以前の暗い玄関の床がパッと明るくなったので、気分も上がる気がします。

毎日、息子の夜泣きで満足に寝られない日々を送っていますが、こういう一心になって何かをすることが精神的毒抜きになっている気がします。


さて、今晩は何回泣いて起こされるかな。

拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[106] [105] [104] [103] [102] [101] [99] [98] [97] [96] [95]
忍者ブログ [PR]