LOVE描き帳 Love God Father
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
智多 とも
性別:
女性
職業:
イラストレーター・主婦
趣味:
映画・落語・掃除
自己紹介:
Vネック着用男子をこよなく愛するVネック振興委員会の名誉会長を務めております。信じられないでしょうが、会員はぼちぼち増えてます。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[02/06 とも]
[02/06 なる]
[09/10 Tもこ]
[08/18 まる]
[10/22 ドライバー]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
前回に引き続き殴り書きシリーズを少々。

今回は「ゴッド・ファーザー」。



たぶん2007年頃にDVD観ながら殴り書きしたもの。

好きな映画のシーンとか表情を描き起こしておくのが好きなもので。
今でも時間があればやりたい(^v^)



godf5.gif

gf1.gif

gf2.gif

gf3_3.jpg

godf4.gif



感じたこととか、自分なり解釈のテーマとか煩雑に書いてますね;


「ゴッド・ファーザー」はパート1のアル・パチーノ演じるマイケルの変貌に衝撃を受けてどっぷりハマりました。

それ以来ギャング物をやたら観るようになったなぁ。



アル・パチーノ作品で好きなのは「フェイクDonnie Brasco 」「狼たちの午後」「セント・オブ・ウーマン」「インソムニア」かな。
(まだ観れてないのも多いですが)


特に「フェイク」は大好き。ジョニー・デップとの競演がたまらない。渋いギャングのドンを演じたかと思えば、こういうギャングの末端を演れちゃう演技の幅に驚かされる。



「インソムニア」もいい。
精神的にどんどん追い込まれていく様がリアルで、観ているこっちまで胃がキリキリさせられたなー。



なんだか「ゴッドファーザー愛」というよりはアル・パチーノ愛になってしまったかんじですが、作品自体も他の名優達も大好きな作品です。

一人ずつ語りだすととても長くなりそうなのでこの辺で。



最後に一つ。

「ゴッドファーザー」の監督フランシス・F・コッポラ作品は映像の美しさ、光の陰影の使い方が大好きです。

余計なお世話と思いますが、未見の方は重厚な映像美にも着目していただければと思います(^u^)




次回は「椿三十郎」をおおくりいたします。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[58] [57] [56] [55] [54] [53] [52] [51] [50] [49] [48]
忍者ブログ [PR]