LOVE描き帳 日常
| Admin | Write | Comment |
プロフィール
HN:
智多 とも
性別:
女性
職業:
イラストレーター・主婦
趣味:
映画・落語・掃除
自己紹介:
Vネック着用男子をこよなく愛するVネック振興委員会の名誉会長を務めております。信じられないでしょうが、会員はぼちぼち増えてます。
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[02/06 とも]
[02/06 なる]
[09/10 Tもこ]
[08/18 まる]
[10/22 ドライバー]
最新TB
バーコード
ブログ内検索
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毎晩、息子は眠りについた2時間後に乳をくれと泣きはじめます。

その泣き声は、まさに戦いのゴング。


大体、夜中に起きて泣くのはお腹が減っているから。

私の場合、ミルクを足さずになんとか完全母乳で今日まできていて、母乳というのは、ものすごく消化のよい飲み物なので、ミルクに比べてたらふく飲んでもすぐにお腹が減ってしまう宿命を持っています。

ミルク育児のお母さんに話をきくと、夜寝る前にたっぷりミルクを飲ませておけば、朝までグッスリだよ〜☆
という声が多数。

それだけ、ミルクと母乳では腹もちが違うのです。

私は元来めんどくさがりやなので、ミルクを作る、という手間が煩わしくて、ありがたいことに母乳がしっかり出ることから完母(完全母乳育児)でいこ♪
と、安直に考えておりましたが、、

この夜泣きには本当に参っています。

息子が就寝後、2時間で第一回戦の火蓋が切って落とされ、その後はほぼ1時間ごとに泣いて起こされることを朝まで繰り返します。

別に、授乳のたんびに起こされることは、そんなに苦ではないのです。もはや新生児期からのルーティーンなので慣れっこです。

しかし、辛いのが、授乳したのに、満たされたはずなのに、とにかく泣き続ける息子。

あやしても、何が気にくわないのか、けたたましく泣き続ける息子。

ここからはお互いの体力が尽きるまでのサドンデスゲーム。

気づいたら、どちらかが布団に沈んでいるというのが常です。

たまに私の方が先に寝落ちしてしまい、息子が散々泣いて暴れまわったのち、畳の上に直に倒れて寝てたりすると、後から気づいて慌てて布団を掛けたり。

ここで、よく先輩ママさんに、夜寝る前だけでもミルク飲ませてみれば?という至極ごもっともアドバイスをいただくので、

やってみたんです。

やってみたんですが、10ヶ月も母乳の味に慣れ親しんできた彼の舌は、もはやミルクを受け付けず..

無理やり飲ませようと頑張るも徒労に終わるので諦めました。

なので、卒乳のその日までこんな感じでまとまって眠れない夜が続くのでしょう。

いや、もうほんと、子育ては体力勝負だという先人達の格言を身をもって実感する日々です。


本日の1枚は、息子の腹ペコ泣きの変遷を。


その場で泣くしかなかった彼も、立派に自ら要求を訴えにくるようになりました。
こういう細かな成長の変遷を、ヘトヘトになりながらも、これからも残していけたらなぁと思います。

拍手[1回]

PR
先日、梅田に行った際に買った紙ナプキンを、キャンバスに貼り付けてインテリアパネルにしようと画策。

今、流行りの..というか、むしろ手芸の定番カテゴリーにもなったデコパージュに初トライしました。



ハマるかどうか確信が持てないジャンルの道具は、100均にお世話になるのが常套です。

デコパージュ専用液と、トップコートを各100円で購入。

平筆は元々持っていたもの。
(専用液の洗い残しなんかでダメになる確率が高いのでやっすい物でよいと思います)

キャンバスは、日本橋の道具屋筋で叩き売りされていた物を使います。
(キャンバス自体も、小さいものなら100均でも売っている模様。)


デコパージュで紙ナプキンを貼り付ける際は、ナプキンの絵柄の部分と、白い紙の部分をピリピリと剥がして、絵柄部分のみを使うそうです。

これは、薄い紙の方がデコパージュ液がよく浸透して、接着力が高まり、綺麗に仕上がるからだそう。

仰せのままに、薄く剥がした紙ナプキンを用意します。



ここで登場したのが、スプレー糊。

邪道です。

間違いなく邪道ですが、紙モノを綺麗に接着することに関して、スプレー糊さんに厚い信頼を寄せている私。

まずはキャンバスの方に薄〜く均等にスプレー糊を塗布して、おもむろに紙ナプキンを貼り付けます。

※本来は、デコパージュ液で貼り合わせるそうですが、私は難しそうだと判断、スプレー糊様にお力添えいただきました。



裏側は、どうせ陽の目を見ません。
ボンドで適当に貼り付けて処理します。

※ただし、側面は見えますので、それとなく丁寧に貼り付けます。

スプレー糊が乾いた頃合いを見計らって、はじめてここでデコパージュ液にご登場いただきます。
デコパ液さんも、まさかこんなに出番を待たされるとは思わなかったことでしょう。

上から、たっぷりと平筆で塗っていきます。
なるべく均等にまんべんなく、空気を抜くために中央から外に向かって。
感覚としてはスマホの保護シートを貼る時と同じです。気泡を抜くために中央→外。

そして、デコパ液さんが乾いたら、仕上げで光沢を生みだすためのトップコートを同じ要領で塗り塗り。


そして、出来上がったものがこちら。



総柄なので、皺なんかも目立ちにくくて、初めてにしては、わりと健闘したのではないかと思います。


実際に壁に飾ってみた感じ。

そもそも紙ナプキンの柄がかわいいので、雑さや多少の皺までも優しく包み込んでくれてそれっぽく仕上がりました。


作り終えて一息つくと、
改めて、疲れた時は何か作るに限るなと思うのでした。

拍手[1回]

楽天でだいぶと前に買ったフローリングマットを、満を辞して本日貼り付けました。

その工程をざっくりと。



まずは、型紙作り。
新聞紙を床の形に沿って並べてテープでとめます。



この型紙を元に、フローリングマットを切っていくのですが、


ここで私、やらかしました。


型紙を裏返して切ってしまうというとんでもない凡ミスをぶちかましました。

そのおかげで、切り抜いたマットは裏返しにしないと(柄の部分が下になってしまうので)使えないシロモノに。。。

安定の抜け作っぷりの自分に呆れて、しばし、その場で佇む。

これは困ったと、途方に暮れましたが、10秒後に気持ちを立て直し、つぎはぎでもいいので(購入したマットの余りは、もう一枚切り抜く余裕は残ってない。悲)完成させようという前向きな方向に落ち着く。


そして、心が折れそうになりながらも、1時間以上かかってなんとか完成。

つぎはぎが目立ちますが、仕上がりはこんな感じに。



床とマットの接着には、フローリング用両面テープを使っています。

ここで注意すべきは、我が家は賃貸だということ。

退去時に原状回復しなければなりません。

元々の玄関の床もフローリングマットだったので、万が一、両面テープが剥がれにくいと困ります。

そのため、床に太いマスキングテープを貼って、その上から両面テープを貼りました。
こうすることで、退去時もすんなり剥がすことができるはずです。


途中のミスがなければ、もっとストレスなく仕上がったとは思いますが、以前の暗い玄関の床がパッと明るくなったので、気分も上がる気がします。

毎日、息子の夜泣きで満足に寝られない日々を送っていますが、こういう一心になって何かをすることが精神的毒抜きになっている気がします。


さて、今晩は何回泣いて起こされるかな。

拍手[1回]

≪ Back  │HOME│  Next ≫

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
忍者ブログ [PR]